コンテンツ

比較的治りやすい

前立線がんは、高齢者や食生活が欧米化したことで患者が増えています。また簡単な検査で見つけることができるので、とても治療しやすいがんになります。また、転移する可能性もありますが進行も遅いので完治することもできます。

最新情報

患者と看護師

高齢とホルモンの関係

前立線がんは、多くの人がなっている病気の一つになります。発症する原因として高齢や男性ホルモンが深く関係していきます。また、高齢者になると発見が遅れて転移していることもあるので、早めの受診が必要です。

医師

効果的な治療法

前立線がんは、外科治療と放射線療法、ホルモン治療などがあります。これらの治療は根治治療をするために行われることになります。また、転移した時にも適切な治療を行うことで進行を遅くすることができます。

がんの基礎知識

悩む男性

最近では、前立線がんになっている人の患者数が多くなっています。この病気は早期発見をすることができる事で切除手術や放射線治療などを行うことで完治を目指すことが可能な病気になります。しかし、進行すると骨やリンパ節などへ転移することもあります。
前立線がんをしっかりと治すためには、基本的な知識と治療法などについて知っておくことが大切になります。

前立線がんは、男性の生殖器である前立腺にガンができる病気になります。これらの病気を治療するときには、がん細胞が前立腺にたまっているか外に広がっているかによって変わって来ます。
前立腺の中にだけにガンがある場合には、完治を目指すことが出来ます。しかし、前立腺を突き破って外側に浸潤している時や精嚢などに浸潤している場合では、切除手術や放射能治療を行なっても完治することが難しくなります。前立線がんは、早期発見が完治の鍵になります。

前立線がんの主な症状として頻尿や残尿感、排尿困難などをあげることができます。これは前立腺肥大と同じような症状になっており、肥大症の治療を行なっているときにガンを早期発見をすることも有ります。
前立線がんが進行することで精嚢への転移やリンパ節への転移、骨盤への転移が見られるようになります。その中でも骨転移が多く見られており、背骨や肋骨、骨盤などのへの骨転移があります。転移した時の約8割が骨転移といわれており、他の臓器に転移するときには、骨に転移するときの症状は末期が多くあります、しかし、前立腺がんの場合は、骨に転移することは初期に起こります。
そのため、進行しているときには、弱い放射線を当てて骨の転移を調べます。